逕サ蜒
 

メールで最重要なのは時間帯

前回の続きでメールテクニックの最終章。

いくらマメにメールしても、画像付きでも、絶対にミスってはいけないことはメールを送る時間帯です。

アピールしたい気持ちもわかりますが、いつでもどこでもメールして良いというわけではないんです。

これは一番最初に言いましたが、相手の生活サイクルを知っていますか?というテーマに繋がります。
つまり相手を知ることがとても重要と言いましたが、これを知ることでメールを送る時間帯も把握できるというわけです。

せめて起きる時間や寝る時間ぐらいは把握しておいた方がいいかもしれません。
そして一番効果的な時間帯は21時!!

この21時というのが、何をしてるわけでもない時間帯だからです。
もし相手が友達とご飯を食べていれば、その後でも返信してくれるかもしれません。
つまり相手がゆとりを持って返信できるという時間帯が21時なんです。
早く返信しなきゃ…とか、眠いから明日でいいや…となってはタイミングが悪いというやつです。

一般的に考えれば、早朝や深夜は普通メールしませんよね。
このルールは恋愛も一緒。
ただ相手からこの時間帯に連絡が来た時は、向こうから連絡を取ってほしい時です。
深いお話や、相手の気持ちを知ることができるチャンスだと思った方が良いかもしれません。

早朝深夜に相手からメールが来ても面倒くさいなんて思わずに…短文でマメに連絡してあげてくださいね。